寄附にご協力頂ける方

現在、日本では年間約4万匹

過去15年間では約40万匹が殺処分されてきました。

 

 

 

殺処分数は着実に減ってきておりますが

それを支えるのが保護団体の方々です。

 

彼らは、見返り等を求めず

自らの意思で行動し、努力し、

少しでも救える命は無いかと奮闘しています。

 

そんな彼らの資金源は基本的に寄付が中心であり

寄付が集められない団体は活動が制限されるか

廃業になるという、たいへん持続可能性が低い状態です。

 

それでも活動を続けるために、

自分の給料を無くし、スタッフにも無償で手伝ってもらい

そんな自己献身的な活動でなんとか成り立っているのです。

 

その結果、体調を崩してしまう人も多いと伺います。

 

一部の方からは、保護活動は慈善事業

慈善事業は無償で行うのがあたりまえという

価値観が囁かれていますが

ほんとうにそうでしょうか?

 

彼らの行いは称賛されるべき

立派な行動であり、その行動には

正当な対価が支払われるべきではないでしょうか?

 

彼らの活動資金がもっと充実していれば、

活動資金を集める時間を、もっと保護活動に使うことができれば、

救える命はもっと増えるはずなのに。

 

この問題、あなたはどう思いますか?

 

では、この問題を解決する方法の1つとして

もっと多くの方から寄付をつのるということが考えられます。

 

きっとこのページをここまで読んで頂いた方は、

問題に関心が高く、寄付をしたいと思ったことが

1度はあるのでは無いでしょうか?

 

でも寄付への、あと一歩が

様々な理由から躊躇されているのかと思います。

 

具体的には

・どの団体に寄付したらいいか分からない

・寄付金の使い道が不透明

・寄付に対する貢献度が分かりづらい

・街頭での寄付活動には抵抗がある

・そもそも寄付するタイミングが無い

・寄付に対する満足できるリターンが欲しい

など様々な問題があると思います。

 

これは当然だと思います。

実際に私自身、上記のことに疑問を持っていた一人です。

 

ではこれらがある程度改善された

寄付の仕組みがあればどうか?

そんな想いで生まれた、新しい寄付のカタチが

 

このサービスを通じて寄付を行うと

犬猫の命を救えるだけでなく

寄付に対してリターン品も受け取ることができます。

 

この寄付はあなたの生活を心理的にも物理的にも

より幸福感に満ちた生活をプレゼントいたします。

 

 

寄付を行うと幸福度を高まります

 

これには学術的に事実に基づき、

我々の生活にプラスの影響を与えることが証明されています

(出典:「幸せをお金で買う」5つの授業(エリザベス・ダン、マイケル・ノートン))

 

実験はカナダのブリティッシュ・コロンビア大学で行われ

封筒に入れた5~20ドルのランダムな額を

自分のために使わせたグループと

だれかへのために使わせた場合

その日の夕方に幸福度がどう変化するかを調査しました。

 

その結果は、消費した金額に関わらず

「他者のためにお金を使うほうが、幸福度が高まる」ということです。

 

この実験は複数回試され、偶然では無いことも証明されました。

さらに比較的裕福なカナダのみに限らず

経済的に厳しいウガンダでも同様の結果が出ています。

 

つまり、あなたの経済状況に関係なく

他者に想いをはせた金銭的貢献というのは

どんなに小さくても幸福感を与えてくれるということです。

 

よく寄付=自己満足という意見も聞きますが

そのとおりだと思います。

 

寄付をして自分と誰かが両者とも幸せになるのであれば

それは自己満足だとしても価値があることです。

 

それを他人がとやかく言う資格はありません。

 

  • 寄付をする金額を決めましょう

1回限りの寄付もあれば

継続的な寄付の方法もあります。

 

  • 会員登録を行います

1分で終わる

簡単な項目を入力します。

 

  • 実際に寄付をすると

寄附金額に応じてHapppyポイントがもらえます

 

  • 寄付が完了したら

ポイントをリターン品と交換してください

※ポイントは更に寄付に回していただくことも可能です

 

手順は、以上です。

※税控除対象の寄付窓口は現在準備中です

 

寄付の使い道は我々が審査した

信頼のおける団体に分配される仕組みです。

この仕組みは団体の実績(保護数・譲渡数)に

基づいて分配するため、より公平に活動資金を

多くの団体に分配することが可能です。

 

認定団体の具体的な活動に関しては

随時、報告し、あなたの寄付が何に活用されたのか

報告いたしますのでご安心ください。

 

メンバーシップ登録を頂ける方には

年1回のメンバー限定会報誌や、

限定リターン品や特別サービスの情報を

プレゼントいたします。

 

「殺処分ゼロ」を妨げる問題はさまざまあります。

パピーミル、飼育崩壊、闇処分

なので保護団体を支援し、

譲渡数を増やす活動だけでは不十分です。

 

そこで我々は、長期的には

ペット流通市場の改革を検討しております。

そのためにもあなたの協力が必要です。

 

あなたの寄付のご支援があれば

より大きな仕組みをつくることができ

社会の流れを一気に変えるような

業界を変革する火種を作れるからです。

私はそう信じています。

 

ぜひ我々のビジョンや活動に賛同いただけたら

協力をお願いいたします。

 

 

 

 

我々は1匹でも多くのペットたちが幸せになること

そしてその隣にいる人間も幸せになることを目標に

今後も活動していきます。

 

今回、寄付いただけなくでも

もしあなたが寄付に再度興味が湧いた場合、

Happpy以外にも寄付先はいっぱいあります。

 

ぜひ、ご自身の手で調べ見て

共感できる団体へ寄付の手を差し伸べて頂けると幸いです。

 

すべては「殺処分ゼロ」のために

 

ぜひ我々のビジョンや活動に賛同いただけたら

協力をお願いいたします。