活動にご協力頂ける方

あなたも、もしかすると

慈善事業=対価を求めない活動だと

思っていないでしょうか?

 

確かにNPO団体の方たちの

活動を見ていると、見返りを求めず

無償の愛で活動を行うことが正義だと

錯覚させられてしまいます。

 

ほんとうに、そうでしょうか?

 

もちろん、「お金儲け」が先行した活動であれば

本末転倒になってしまう可能性はありますが、

 

活動に見合った正当な対価をもらうことが

どうしてダメなのでしょうか?

 

犬猫の殺処分を目指す保護活動でも同じです。

保護犬猫を譲渡するまでには多くのお金がかかります。

 

実際に認定NPOの決算書から

1匹保護あたりの費用を計算すると

なんと約20万円ほどかかっています。

 

(※フード代、消耗品代、医療費、設備費、人件費、イベント費など

活動にかかるすべての費用と保護頭数から算出)

 

この活動資金の多くは寄付でまかない、

人件費はボランティアの手を借りて最小限に抑え

最悪、私財を擦り減らして活動を続けていく

 

彼らが活動を続けるためには

より多くの資金が必要です。

 

並大抵の努力では続けることができません

そんな彼らの活動の成果に対して

対価を与えることはなぜいけないのでしょうか?

 

もし彼らの資金が尽き、活動がストップすれば

多くの犬猫は保健所で殺されてしまうのです。

彼らがいなければ救えない命があるのです。

 

逆に、もっと彼らに対価が支払われるような環境をつくることで

保護活動家の数が増え、

いち早く「殺処分ゼロ」を達成できるのではないでしょうか?

 

では、メインで保護活動を行う方たちの活動を

サポートするボランティアの方たちの場合、

対価は必要でしょうか?

 

「ボランティアはあくまでボランティア

メインの方たちより活動も犠牲も少ないし、

そこに対価は発生しないよ」

 

やはり、こう思われる方が多いと思います。

 

実際に彼らの活躍をテレビやネットで見て、聞いて

そして、一緒に活動したりすると

どうしてもボランティア=無償で行うもの、

お金をもらってはいけないものと

錯覚してしまうことが多いと思います。

 

これは我々が生きてきた中で

社会を漂っている価値観であり

なかなかこの考えを変えることは出来ません。

 

でも、自分は声を大にして伝えたいです。

 

小さなボランティアだって

正当な対価を受け取るべきである、と!

 

なぜなら、彼らも自分の信念に従い、

自分の貴重な時間を切り売りして、

社会を少しでも良くするために

活動をされている素晴らしい方たちであり

 

活動内容や活動時間で区別されるのは

おかしいのではないでしょうか。

 

またボランティアだって

正当な対価があれば、

もっとやりたい人を増やせるのではないか。

 

そうすればまた少し

「殺処分ゼロ」にいち早く近づけると思うのです。

 

すべての慈善活動へ、正当な対価を提供します

そのために、考えた仕組みというのが

このプログラムへの協力はとても簡単です

                                               

プログラムの会員登録後、

保護活動団体への寄付の呼びかけを

あなたのSNSやブログ等、

もしくはリアルのご友人や家族へ

拡散いただくだけです。

 

そして、その拡散経由で

どなたかが寄付すると

その寄付金額の一部(※10%)を

ご協力の謝礼としてお渡しいたします。

 

※ここまで読んでいただいたが

まだボランティアに対価があることに対して

抵抗感がある方には、対価が無いカタチで

情報拡散へご協力いただく方法も用意しております。

ぜひ最後まで、目を通して頂けると幸いです。

日本は他先進国と比べ、

寄付の文化が浸透していないと

よく言われます。

 

実際に2016年のデータを見てみると

驚くべき結果が出ています。

 

 

アメリカやイギリスは寄付率が75%を超えるのに比べ

日本人は25%程度しか寄付をしていないのです

 

この理由はいろいろ言われていますが

私自身、一番の原因だと思っているのが

 

日常で「寄付との接点」が無い

ということです

 

考えてみてください。

あなたがここ1ヶ月で寄付をするタイミングは

いったい何回あったでしょうか?

 

大きな災害、昨今のコロナ問題、

大きな話題の際は比較的多く目にしますが

その他の日常的な問題は

とりわけ世間からはフィーチャーされず

情報感度の高い人たちのネットワークの中でのみ

やりとりされています。

 

なのでアンテナを張っていないと

寄付のタイミングは来ないのです。

 

でもこの寄付のタイミングを増やすことができれば

きっと寄付という文化がもっと身近になるはずです。

 

あなたの周りはどうでしょうか?

ぜひ、まずは身近な人から

日本人の寄付との付き合い方を変えてみませんか?

 

プログラム参加費用は

もちろん0円です。

 

活動にご協力いただくために

必要な条件はありません。

 

誰でも簡単に、すぐに

始めることが出来ます。

 

いままで保護活動に協力したかったけど

なかなか一歩が踏み出せなかったあなた。

 

いまから我々と協力して

一緒に「殺処分ゼロ」を目指しませんか?

 

ただ最後に、

プログラム会員になって頂く前の最終確認です。

 

我々はこの対価のある慈善活動が

日本の停滞した寄付文化を

変えるきっかけになると信じています。

 

しかし、現段階ではまだ一部の方には

この考えはご理解いただけないことも

重々承知しています。

 

これは我々に向けられる問題だけなら良いですが

プログラム会員になっていただき情報拡散いただくということは

反対者の方の意見の矛先があなたに向いてしまう可能性があります。

 

なので、ぜひ心から我々に賛同いただけ、かつ

反対者の方と分かりあえる日が来るまで

我々を信じ、行動頂ける方のみご応募ください。

それでも、ぜひご協力いただけるという方は

こちらよりお申し込みください。

 

 

※上記ボタンのリンク先に詳細な手順が載っていますのでご参照ください

 

「殺処分ゼロ」を妨げる問題はさまざまあります。

パピーミル、飼育崩壊、闇処分

なので保護団体を支援し、

譲渡数を増やす活動だけでは不十分です。

 

そこで我々は、長期的には

ペット流通市場の改革を検討しております。

そのためにはあなたの協力が必要です。

 

なぜならあなたと一緒に情報発信をし続ければ

多くの方が問題を認識し、賛同する仲間が増え

社会の流れを味方につけた改革を起こせるからです。

私はそう信じています。

 

もし、ご協力いただけるという方は

こちらよりお申し込みください。

 

 

※上記ボタンのリンク先に詳細な手順が載っていますのでご参照ください